2015年12月26日土曜日

小村町の家で気密検査 延べ床53.2坪の家で、隙間は名刺1枚分という素晴らしい結果でした。

冬暖かく、夏涼しい、空気がきれいな家。家の中の温度差がなく、体に負担が少ない高気密高断熱の家にするために、吉田建設はスーパーウォール工法を採用しています。温度差対策も大事ですし、結露の対策も重要です。なのでしっかりと断熱して、徹底的に隙間をなくします。隙間をなくすことで計画的に換気ができるのです。
 
 
 
 
昔の家と違って、今はどの断熱材もかなりよくなりました。でも、換気がしっかりとできていないと空気が淀んでしまい、特に最近の新建材は湿気を吸わないのでどうしても畳とか壁の中に湿気がたまったり結露ができたりします。それがカビやダニの原因になるのです。中途半端な高気密高断熱ほど逆に人の体に悪影響を及ぼします。実際にリフォームの時など、壁を開いてみるとそのような例を多く見受けられます。断熱が良いほど気密が重要。徹底的に隙間をなくして、しっかりと換気をすることがものすごく重要なのです。
 
 
 
高気密・高断熱ですよと言っても、実際には程度の差があります。言うだけでなく実際に測定することで性能を数字で証明します。吉田建設ではほぼSW工法で家を建てていただいており、100%の家で気密検査を行います。全棟「性能報告書」を発行することでお客様に安心して住んでいただいています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日はその気密測定の日。C値という気密の値を出す数値を測定しました。
















測定結果はC値=0.43 目標のC値=0.5を下回る値でしたので、まずまずの合格点です。合格点と言いましたが、他社で現在進行形の高気密・高断熱の目標とされている次世代省エネルギー基準という目標数値ですと、寒冷地2.0以下その他の地域5.0以下とされています。それを大きく下回る凄い数字なんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



今回の小村町の家の延床面積は175.89㎡(53.21坪)   ですので、その面積を基準に実際の隙間の面積と一般的な高気密・高断熱住宅とを比較してみました。
今回の小村町の家は名刺1枚より少し大きいぐらいの大きさ。一般的な高気密・高断熱の家は名刺が約16枚。
約1/16の大きさという結果になりました。






これは大工さんがしっかり施工してくれたおかげです。 大工壽賀くん、吉田達男さんありがごうとざいます。









 
 
 



ご予約受付中



 
 

 
 
 

2015年12月21日月曜日

家。買う?に載ってます。

最近、TVコマーシャルでも宣伝してます住宅雑誌のフリーペーパー「家。買う?」香川版に吉田建設も載せてもらいました。その月の見学会情報やら、お勧めイベントやらが一目で分かるMAPとかあって便利ですね。吉田建設の特集記事も特別に掲載してくれました。コンビニとか駅とかスーパーに無料で置いてるそうです。ぜひ手に取ってみてみてくださいね。吉田建設は後ろのほ~うに載ってます。(^_^)

2015年12月20日日曜日

念願のHP更新。

http://www.yoshidakensetu.com/#!about4/cij
ホームページを新しくしたい・・・と実際に動き出してから、丸2年(あっという間にこんなに経ってしまいました!)。本当に多くの方に相談してアドバイスをもらったり、いろんな人にご迷惑をおかけしながら、たくさんの方との出会いを経て、ようやく新しいHPを更新することができました。創業60年の会社が培ってきた経験と、私たちの大切なたくさんのお客様、吉田建設で働くスタッフ、協力頂いている業者さん、なんと言っても社長の想いと、働くスタッフや職人さんの心意気を一言で伝えようとすると、どうしても専門の方の知恵と手助けが必要でした。「30年日記30の幸せ」という言葉が生まれました。主役はあなたです。家を建てるという一生に一度の一大イベントは、あなたの家族のしあわせをつくると言うこと。私たちはその幸せづくりを陰で支え、性能や安全、心の安らぎという事柄をかたちにし、全力でサポートさせていただきます。30年日記の公開は来年になりますが、まずはホームページにお越し下さい。私のお勧めのスタッフの想いを是非見てあげて下さいね。http://www.yoshidakensetu.com/#!about4/cij

2015年12月14日月曜日

お客様にお土産をいただきました。

長野といえば思い出すのが高校時代の修学旅行で行った栂池高原スキー場。それ以来スキーはしたことありません(笑)楽しかった楽しかった思い出の場所です。(青春ですね~)
もしかしたら飛騨高山は岐阜かもしれませんが(もしかしなくても・・・)宿泊場所もはっきり決めず、行き当たりばったりで楽しんだ家族旅行。中部の山間の地方へ行ったのはその2回だけです。
思い出してみても、今まで行った旅行の中でも5本の指に入るぐらい本当に楽しかった思い出の地です。四国とはまたちょっと違う美しい場所。美しくて厳しい自然。人の心の温かいところ。良い思い出しか思い浮かばない場所ですね。昨日、Y様が久々に帰省されたとのことで、長野の銘菓をお土産にわざわざ来て頂きました。月並みにありがとうございます!としか言えませんでほんとうに嬉しかったのですけど、事務所のみんなで頂きました。桜井甘精堂の羊羹。お茶請けにいただきながら懐かしい思い出に浸ってしまいました。

2015年12月12日土曜日

フラット35の優遇金利の〆切は来月29日です!申込はお早めに!

フラット35の金利優遇が来年の1月29日に〆切となります。フラット35を取り扱っている担当者に何度か聞いてみましたが期限の延期はどうもないらしいです。先週打ち合わせさせて頂いた方にも、今日打ち合わせさせて頂いた方にも、資金計画を通してこの金利優遇のメリットの重要さをお伝えしました。例えば3000万のお借り入れであれば、支払総額で100万程の差が出ます。2千万の家の消費税アップ分2%を計算すると40万。そうなんです。消費税どころではない差が出る訳なのです。土地からご購入を予定されている方は特に金利優遇はかなりのメリットがあります。審査さえ通っていれば有効期間は2年間ありますので、家を建てるのが決まっている方、ほぼほぼ土地や家の検討が付いている方は申込をして審査を通しておけば、詳細についてはゆっくり検討してもいいかもしれません。この機会を逃す手はありませんよ!資金計画・土地相談ならぜひ私にまかせてくださいね(^_^) 


 

2015年10月28日水曜日

Casa BRUTASにトレッティオが取り上げられました。

TRETTIO で始める北欧デザインのある暮らし。
TRTIIOとは、スーパーウォール工法に取り組む全国の工務店の会「スーパーウォールビルダーズファミリー」が提案する働く子育て世代「30代の家族」のための家の事です。高性能住宅+北欧インテリア+納得価格の家。スーパーウォール工法で抜群の性能を担保しつつ、北欧テイストのシンプルで洗練されたデザイン。家具やファブリックも見事にコーディネートされ、未来の暮らしにもフレキシブルに対応できる空間プランの家。
性能は住みやすさにつながり、デザインは心の安らぎにつながる。視覚から来る心の安らぎには、機能性に優れ飽きが来ない北欧のインテリアを採用。北欧の美意識が日本人の心の琴線に触れるのは私たちのものに対する文化が似ているからだと思います。自然の厳しさ、素材へのこだわり、ものを大切にする心。大量生産を良しとした時代を経て、私たちは本質を見分ける力を身につけたように思います。私が北欧への旅行で得たものはそういった日本の良さを再び学ぶ良い機会だった事です。TRETTIOの持つ女性心をくすぐる「Kawaii」部分と、本物の部分。若いこれからの人には是非、その本物を身につけてもらいたいと強く思います。
今月のCasa BRUTASにはTRTIIOが記事に取り上げられています。来月は雑誌リンネルにも。機会があれば是非読んでみてくださいね。


2015年10月18日日曜日

元気な家族の子育て健康住宅「家事がとことん楽な家」完成見学会します!10/24(土)~25(日)

今週の土日10/24~25は高松市牟礼町で完成見学会をします。
元気な家族の子育て住宅。「家事がとことん楽な家」
 
光と風を間取りに取り入れ、家事動線に収納を組み込んだとても使い勝手が良く、住みやすい家です。今日は朝の様子を撮影してきました。朝日がキラキラとてもきれいです。「朝の日常が似合う家」に命名したいぐらい!当日はオープンハウスです。いつでもどなたでもお気軽にお越し下さい。
 
 この家のみどころ
☆収納指数でわかる!片づく家の秘訣!
☆光と風をデザイン。サスティナブルな家に住む!
☆夏涼しく、冬暖かい。地震に強く、空気のきれいな家!
今回のお宅は、元気な子供さんの子育て真っ最中の奥様のお悩みからスタートしました。「家事が大変・・・」でもそれは、狭いアパート、少ない収納、不便な家事動線によるものでした。奥様とは住み始めてからの生活を細かくイメージしてもらい、綿密に打合せしました。
ご主人は安心で安全な家が欲しい。アレルギーを持つ家族のために健康な家に住みたい。せっかく良い家を建てるので太陽光発電も載せたいというご希望でした。メンテナンスがいらない家という事も大きなポイントでした。
そんなご要望のたくさん詰まった素敵な家が完成しました。
この家の性能
長期優良住宅 SW工法住宅 耐震等級3
地域型住宅ブランド化事業
Q値 1.84 UA値 0.63 
μA値 1.5 C値 0.42
東北地方なみの断熱性能の家です。
☆高気密・高断熱・高耐震住宅を体感したい方 
☆健康な空気を体感したい方(S.O.Dリキット工法)
☆収納を駆使した家事ラクな家を体感したい方
☆長期優良住宅標準仕様の家を知りたい方
お待ちしてます。
詳しいご説明が必要な方はご都合の良い時間と参加人数をお知らせ下さい。ご案内させて頂きます。
申込は  吉田建設㈱ 担当 吉田美枝
TEL  087-845-1188
メール info@yoshidakensetu.com
 






 



 



2015年10月5日月曜日

トイレのクロス貼ってみました。

片原町にWALL PAPER HOUSE さんがオープン。輸入壁紙DIY専門店です。さっそく前田さまとワークショップへ行って来たのが9/3。店内には可愛い輸入クロスのサンプルが所狭しと置いていました。ヨーロッパでは古い建築物が多く、新しい家を建てると言うより歴史を大切にしてリノベーションすると言う考えが主流で、先日フィンランドへ行ったときにもびっくりしたのですが、内装はほとんど自分でするそうです。(新築物件もペンキも塗らない、もちろんクロスも貼らない、キッチン、トイレない!仕上げしない状態で引渡とか!)当然、クロスは自分で貼る。なので、日本のクロスみたいに幅広いクロスに機械でノリを付けて職人さんが貼るという習慣がないので女性でも貼れる幅。自分でも塗れる糊。カッターとヘラさえあれば綺麗に貼れます。

丁寧に教えてもらって、練習してきましたよ。輸入クロスちょっとお値段高めですが、アクセント部分に使えば良い模様替えになります。とにかく可愛いクロスがたくさんなので多分行くと必ずやってみたくなると思います。

で、早速手始めに事務所のトイレのクロス貼り替えました。続きは明日。(^_^)

ウォールペーパーハウス高松でお仕事帰りの皆様に好評の★夜の★輸入壁紙貼り方教室は不定期で水曜よる6:30~。ワンドリンクつき、ほっと一息つきながらスタッフのデモンストレーションを見て、ドア一枚分を貼ってみる体験まで含まれてます。賃貸でも...
Posted by WALLPAPERHOUSE.takamatsu on 2015年9月3日

2015年9月30日水曜日

30年日記 30の幸せ。新しいキャッチコピーが生まれました。

私たち吉田建設に新しいキャッチコピーが生まれました。
「30年日記 30の幸せ」 あなたと吉田建設の30年の物語。
家族は30年のサイクルで新しい時を迎えます。
 
結婚して子育て真っ最中の30代。
家族が増え、その子ども達は成長し、やがて立派に巣立っていきます。
そしてやがて新しい30年のサイクルを迎えます。
新たな家族が増えたり、夫婦水入らずに戻ったり・・・。
自分の人生の最終章を飾るための30年です。

その間、家は家族の命を守り、育み、憩いの場でもあります。
安心安全で健康で幸せに楽しく暮らして欲しい。
あなたと家族の「30年日記」 に 「30の幸せ」 を描けるふさわしい家をつくりたい。
幸せに暮らして欲しい。そういう想いで家づくりをお手伝いします。



2015年9月25日金曜日

本日上棟、おめでとうございます。

本日上棟日。仲良しMさんのおうちが建ち上がりました。今日はご家族正装でビシッと格好良く来てくれました。大事な上棟日はお施主様にとっても貴重なお休み。吉日が重なる日はそうなかなかありません。最近の天気は移り変わりやすいので吉田建設では近頃上棟日を優先しつつも、雨に絶対塗らせたくない!と大工さんの計らいで養生を徹底してくれています。屋根やある程度の壁ができるまで、毎日養生のおくるみを着せて帰ってくれます。ここまで完璧にやってくれているのは、やはり大工さん自身がお客さんのためを思ってくれているから。廻りを見渡してもここまで徹底している現場はそうそうありません。今回は寿賀君が棟梁。お施主様の記念になるからとお菓子を買ってきてくれました。お餅投げとお菓子投げ記念になって良かったですね。完成がますます楽しみです。
 
 
 
 

2015年9月23日水曜日

ホームドクターのあり方

ホームドクターとは、かかりつけのお医者さん。病気かなと思ったらすぐ見てもらえる町のお医者さん。
 
病気をしてもいきなり大きな大学病院とかには行きませんよね。風邪とか健康診断の結果とか、おなか痛くなったり、インフルエンザになったりしたら、相談できるお医者さんがいることはとても安心だし、大きな病気の早期発見もできるかもしれない。
 
でもお年寄りや子供は、家族や周りの人が何かあったら病院へ!とお医者さんに連れて行ったり、あるいは見てもらう習慣ができてると思うのですが、働き盛りの人、健康な人、子育て中のお母さん、人のことはあれこれ世話しますが、いざ自分のこととなると「忙しいから」とか「大丈夫だろう」とか「それどころじゃない」等と言って先送りしてませんか?私自身もそう。行って診てもらったほうが良いとは分かっているのですが、つい後回しにしたり、いざ行こうと思ってもどこの病院へ行ったら良いのか分からない・・・。
 
そうなんです。何科に診てもらったら良いのかとか、こんな事で病院にわざわざ行ってお医者さんになんて説明しようとか・・・、たいしたことないのに、重病の人差し置いて診てもらうのは悪いなと思ったり。早期発見が大事とよく言われますが、今特に痛いわけではない・・・、(けど実は辛い・・・)そんな繰り返し。
 
実は最近思ったことでそれは住まい(家)についても一緒なのかなと・・・。OBさまから電話がかかってきて、「ウォシュレットが壊れたけどみてもらえない?」って電話がかかってきて、私も相談の内容は大体の予想が付くので「そろそろ電池の交換時期かもしれませんね。」とか、「子供がいたずらしてトイレから出られなくなった!」と言われたとき、すぐ対応できる大工さんに相談してかけつけてもらったり。お客さんの顔と家の内容が分かるのでだいたいピンと来て、即対応。スタッフも大工さんも横の連絡がスピーディなのでピンポイントで無駄なく対応できることが多いのです。
定期的に行っている訪問点検で状況をチェック。心配事も早期修繕。
これって、とても大事な事ですよね。
 
最近、ある施設さんから廻りに廻っての相談があり、かなりの漏水に悩んでいるとか。こういう施設や会社さんはその時の担当さんによって対応が変わってくる場合がよくあります。後から聞くと様々な業者が修理や増築を繰り返しその当時のことが分かる人がいない上に、責任の所在も分からなくなってしまっている状態。他にも他のハウスメーカーで建てたけど、担当してくれた人が辞めてしまって相談する人がいないので等という相談で、修理を依頼されることがよくあります。
一番良いのは建ててくれた住宅会社さんがず~っと面倒見てくれること。工事した人が一番よく分かるのです。それが難しければ、やっぱりすぐきてくれる町の工務店が一番ですよ。そこで何かあればすぐ来てもらえるように仲良くなっておくのが一番いいと思います(*^_^*)
 
 

2015年9月21日月曜日

広島へ。


フィンランド旅行のご縁で、広島のトランスデザインさんへ訪問させて頂きました。建築家の松岡弘之さんにご案内頂き、インテリアコーディネーターの鈴木結加里さんとご一緒に、松岡さんの作品と、中村拓志さんが設計した宮島の和菓子屋さん「古今菓」、すごいレアなサボテンに出会うことができるサボテンショップの叢(くさむら)さん、名物あなご老舗「うえの」のあなごめしランチ。豪華な忘れられない一日を過ごしてきました。
作品はやはり凄いの一言。
 
感動を呼ぶ場をデザインする。
それを目の当たりにできた一日でした。
 
デザインもさることながら、心を奪われたのは松岡さんの感性。「黄金比と見たもの触れたものの数はデザインに比例する」と言う話。そして鈴木さんの生き様。「女性として生きること」「チャンスは突然やってっくること」
自分もこうありたい!と強く思い、目標をもてた一日でした。
 
 
 
 

 


2015年9月7日月曜日

インテリアセミナーご来場ありがとうございました。

9/5(土)は国分寺の片岡物産さんで、インテリアセミナーを開催しました。片岡さんとは内覧会の展示や家具の提案等で色々お世話になっていて、今回店長の暁美さんが「家具やインテリアで素敵に完成したTさまやSさまの事例を紹介して家づくりのヒントにしてもらいましょう。」ときっかけを下さいました。思った以上に多くの方に参加して頂き、「来て良かった!」とみなさんに喜んで頂きました。細かい家具の配置はもちろん、インテリアの選び方のコツ。素材の種類やその使い分けなど、普通では教えてもらえないことがたくさん。のあ家の美味しいお茶とお菓子をいただきながら、実際に良いものに触れて目で雰囲気で楽しんでもらえたとても素敵なセミナーでした。
 
「のあ家」の特別に作ってもらったお菓子も最高でしたよ。

定期的に開催したいと思いますのでお楽しみに。
 
 
 
 

2015年9月1日火曜日

材木屋さんへ木を買いに行く贅沢

自宅をちょっとリフォームしようと思い、材木屋さんへ相談。そして、帰ってきた返事が「見に着まい!!」(讃岐弁で見においで・・・)
 
早速今日、高松市木太町にある「藤井木材」さんへお邪魔しました。本当にちょこ~っとだけの木を選ぶのに倉庫の中全部案内してくれて、解説付きで飲み物(コラーゲン)までいただいてありがとうございました。
 
プロの目利きで本当に貴重な木材から、訳ありお得品まで色々教えてもらいました。プロの目で適材適所に提案してくれるし、こちらもプロなので(主人と大工さんが・・・)良いものを納得の値段で作ることができる。これこそ注文住宅の醍醐味ですよ!こだわればこだわるほど、納得のいくものができる。新築もリフォームもです・・・。天然の無垢の木でカウンターとか作っても、「え!そんな値段でしてくれるんですか?」と思うほどできちゃうもんなんです。なので、そこは是非相談してみてください。他の人ではできない家やリフォームができてしまいますからね。
 
 さて、我が家のリフォームはいかに・・・。
 
 
 

2015年8月30日日曜日

主役級の美味しい麦茶をいただきました。

社長がOBさまのKさまの一年点検にお伺いした際、「お土産をいただいたよ。」と持って帰ってくれました。麦茶と言えば200円ぐらいのパック入りの麦茶しか見たことなかった私にとって、こんな念入りな麦茶は見たことない!!早速、事務員さんが「パックは置いといて、この麦茶入れてみましょう」と試行錯誤しながら作ってくれました。2~3度試してみて、このぐらいがちょうど良いねと完成した麦茶。珈琲みたいに濃い色です。コクがあって香りも良くてとっても美味しい!「株式会社上州屋 設楽彦吉商店」で検索すると写真がいっぱいでてきました!やはりこの濃さであっているようです。ついでに、ここのお勧めの「きなこ」も美味しそうです。体にも良さそうだし。たまには本物を食さないと~と食欲の秋に向かって俄然やる気になってしまいました。Kさま美味しい麦茶ありがとうございました!