2015年9月30日水曜日

30年日記 30の幸せ。新しいキャッチコピーが生まれました。

私たち吉田建設に新しいキャッチコピーが生まれました。
「30年日記 30の幸せ」 あなたと吉田建設の30年の物語。
家族は30年のサイクルで新しい時を迎えます。
 
結婚して子育て真っ最中の30代。
家族が増え、その子ども達は成長し、やがて立派に巣立っていきます。
そしてやがて新しい30年のサイクルを迎えます。
新たな家族が増えたり、夫婦水入らずに戻ったり・・・。
自分の人生の最終章を飾るための30年です。

その間、家は家族の命を守り、育み、憩いの場でもあります。
安心安全で健康で幸せに楽しく暮らして欲しい。
あなたと家族の「30年日記」 に 「30の幸せ」 を描けるふさわしい家をつくりたい。
幸せに暮らして欲しい。そういう想いで家づくりをお手伝いします。



2015年9月25日金曜日

本日上棟、おめでとうございます。

本日上棟日。仲良しMさんのおうちが建ち上がりました。今日はご家族正装でビシッと格好良く来てくれました。大事な上棟日はお施主様にとっても貴重なお休み。吉日が重なる日はそうなかなかありません。最近の天気は移り変わりやすいので吉田建設では近頃上棟日を優先しつつも、雨に絶対塗らせたくない!と大工さんの計らいで養生を徹底してくれています。屋根やある程度の壁ができるまで、毎日養生のおくるみを着せて帰ってくれます。ここまで完璧にやってくれているのは、やはり大工さん自身がお客さんのためを思ってくれているから。廻りを見渡してもここまで徹底している現場はそうそうありません。今回は寿賀君が棟梁。お施主様の記念になるからとお菓子を買ってきてくれました。お餅投げとお菓子投げ記念になって良かったですね。完成がますます楽しみです。
 
 
 
 

2015年9月23日水曜日

ホームドクターのあり方

ホームドクターとは、かかりつけのお医者さん。病気かなと思ったらすぐ見てもらえる町のお医者さん。
 
病気をしてもいきなり大きな大学病院とかには行きませんよね。風邪とか健康診断の結果とか、おなか痛くなったり、インフルエンザになったりしたら、相談できるお医者さんがいることはとても安心だし、大きな病気の早期発見もできるかもしれない。
 
でもお年寄りや子供は、家族や周りの人が何かあったら病院へ!とお医者さんに連れて行ったり、あるいは見てもらう習慣ができてると思うのですが、働き盛りの人、健康な人、子育て中のお母さん、人のことはあれこれ世話しますが、いざ自分のこととなると「忙しいから」とか「大丈夫だろう」とか「それどころじゃない」等と言って先送りしてませんか?私自身もそう。行って診てもらったほうが良いとは分かっているのですが、つい後回しにしたり、いざ行こうと思ってもどこの病院へ行ったら良いのか分からない・・・。
 
そうなんです。何科に診てもらったら良いのかとか、こんな事で病院にわざわざ行ってお医者さんになんて説明しようとか・・・、たいしたことないのに、重病の人差し置いて診てもらうのは悪いなと思ったり。早期発見が大事とよく言われますが、今特に痛いわけではない・・・、(けど実は辛い・・・)そんな繰り返し。
 
実は最近思ったことでそれは住まい(家)についても一緒なのかなと・・・。OBさまから電話がかかってきて、「ウォシュレットが壊れたけどみてもらえない?」って電話がかかってきて、私も相談の内容は大体の予想が付くので「そろそろ電池の交換時期かもしれませんね。」とか、「子供がいたずらしてトイレから出られなくなった!」と言われたとき、すぐ対応できる大工さんに相談してかけつけてもらったり。お客さんの顔と家の内容が分かるのでだいたいピンと来て、即対応。スタッフも大工さんも横の連絡がスピーディなのでピンポイントで無駄なく対応できることが多いのです。
定期的に行っている訪問点検で状況をチェック。心配事も早期修繕。
これって、とても大事な事ですよね。
 
最近、ある施設さんから廻りに廻っての相談があり、かなりの漏水に悩んでいるとか。こういう施設や会社さんはその時の担当さんによって対応が変わってくる場合がよくあります。後から聞くと様々な業者が修理や増築を繰り返しその当時のことが分かる人がいない上に、責任の所在も分からなくなってしまっている状態。他にも他のハウスメーカーで建てたけど、担当してくれた人が辞めてしまって相談する人がいないので等という相談で、修理を依頼されることがよくあります。
一番良いのは建ててくれた住宅会社さんがず~っと面倒見てくれること。工事した人が一番よく分かるのです。それが難しければ、やっぱりすぐきてくれる町の工務店が一番ですよ。そこで何かあればすぐ来てもらえるように仲良くなっておくのが一番いいと思います(*^_^*)
 
 

2015年9月21日月曜日

広島へ。


フィンランド旅行のご縁で、広島のトランスデザインさんへ訪問させて頂きました。建築家の松岡弘之さんにご案内頂き、インテリアコーディネーターの鈴木結加里さんとご一緒に、松岡さんの作品と、中村拓志さんが設計した宮島の和菓子屋さん「古今菓」、すごいレアなサボテンに出会うことができるサボテンショップの叢(くさむら)さん、名物あなご老舗「うえの」のあなごめしランチ。豪華な忘れられない一日を過ごしてきました。
作品はやはり凄いの一言。
 
感動を呼ぶ場をデザインする。
それを目の当たりにできた一日でした。
 
デザインもさることながら、心を奪われたのは松岡さんの感性。「黄金比と見たもの触れたものの数はデザインに比例する」と言う話。そして鈴木さんの生き様。「女性として生きること」「チャンスは突然やってっくること」
自分もこうありたい!と強く思い、目標をもてた一日でした。
 
 
 
 

 


2015年9月7日月曜日

インテリアセミナーご来場ありがとうございました。

9/5(土)は国分寺の片岡物産さんで、インテリアセミナーを開催しました。片岡さんとは内覧会の展示や家具の提案等で色々お世話になっていて、今回店長の暁美さんが「家具やインテリアで素敵に完成したTさまやSさまの事例を紹介して家づくりのヒントにしてもらいましょう。」ときっかけを下さいました。思った以上に多くの方に参加して頂き、「来て良かった!」とみなさんに喜んで頂きました。細かい家具の配置はもちろん、インテリアの選び方のコツ。素材の種類やその使い分けなど、普通では教えてもらえないことがたくさん。のあ家の美味しいお茶とお菓子をいただきながら、実際に良いものに触れて目で雰囲気で楽しんでもらえたとても素敵なセミナーでした。
 
「のあ家」の特別に作ってもらったお菓子も最高でしたよ。

定期的に開催したいと思いますのでお楽しみに。
 
 
 
 

2015年9月1日火曜日

材木屋さんへ木を買いに行く贅沢

自宅をちょっとリフォームしようと思い、材木屋さんへ相談。そして、帰ってきた返事が「見に着まい!!」(讃岐弁で見においで・・・)
 
早速今日、高松市木太町にある「藤井木材」さんへお邪魔しました。本当にちょこ~っとだけの木を選ぶのに倉庫の中全部案内してくれて、解説付きで飲み物(コラーゲン)までいただいてありがとうございました。
 
プロの目利きで本当に貴重な木材から、訳ありお得品まで色々教えてもらいました。プロの目で適材適所に提案してくれるし、こちらもプロなので(主人と大工さんが・・・)良いものを納得の値段で作ることができる。これこそ注文住宅の醍醐味ですよ!こだわればこだわるほど、納得のいくものができる。新築もリフォームもです・・・。天然の無垢の木でカウンターとか作っても、「え!そんな値段でしてくれるんですか?」と思うほどできちゃうもんなんです。なので、そこは是非相談してみてください。他の人ではできない家やリフォームができてしまいますからね。
 
 さて、我が家のリフォームはいかに・・・。