2015年12月26日土曜日

小村町の家で気密検査 延べ床53.2坪の家で、隙間は名刺1枚分という素晴らしい結果でした。

冬暖かく、夏涼しい、空気がきれいな家。家の中の温度差がなく、体に負担が少ない高気密高断熱の家にするために、吉田建設はスーパーウォール工法を採用しています。温度差対策も大事ですし、結露の対策も重要です。なのでしっかりと断熱して、徹底的に隙間をなくします。隙間をなくすことで計画的に換気ができるのです。
 
 
 
 
昔の家と違って、今はどの断熱材もかなりよくなりました。でも、換気がしっかりとできていないと空気が淀んでしまい、特に最近の新建材は湿気を吸わないのでどうしても畳とか壁の中に湿気がたまったり結露ができたりします。それがカビやダニの原因になるのです。中途半端な高気密高断熱ほど逆に人の体に悪影響を及ぼします。実際にリフォームの時など、壁を開いてみるとそのような例を多く見受けられます。断熱が良いほど気密が重要。徹底的に隙間をなくして、しっかりと換気をすることがものすごく重要なのです。
 
 
 
高気密・高断熱ですよと言っても、実際には程度の差があります。言うだけでなく実際に測定することで性能を数字で証明します。吉田建設ではほぼSW工法で家を建てていただいており、100%の家で気密検査を行います。全棟「性能報告書」を発行することでお客様に安心して住んでいただいています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日はその気密測定の日。C値という気密の値を出す数値を測定しました。
















測定結果はC値=0.43 目標のC値=0.5を下回る値でしたので、まずまずの合格点です。合格点と言いましたが、他社で現在進行形の高気密・高断熱の目標とされている次世代省エネルギー基準という目標数値ですと、寒冷地2.0以下その他の地域5.0以下とされています。それを大きく下回る凄い数字なんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



今回の小村町の家の延床面積は175.89㎡(53.21坪)   ですので、その面積を基準に実際の隙間の面積と一般的な高気密・高断熱住宅とを比較してみました。
今回の小村町の家は名刺1枚より少し大きいぐらいの大きさ。一般的な高気密・高断熱の家は名刺が約16枚。
約1/16の大きさという結果になりました。






これは大工さんがしっかり施工してくれたおかげです。 大工壽賀くん、吉田達男さんありがごうとざいます。









 
 
 



ご予約受付中



 
 

 
 
 

2015年12月21日月曜日

家。買う?に載ってます。

最近、TVコマーシャルでも宣伝してます住宅雑誌のフリーペーパー「家。買う?」香川版に吉田建設も載せてもらいました。その月の見学会情報やら、お勧めイベントやらが一目で分かるMAPとかあって便利ですね。吉田建設の特集記事も特別に掲載してくれました。コンビニとか駅とかスーパーに無料で置いてるそうです。ぜひ手に取ってみてみてくださいね。吉田建設は後ろのほ~うに載ってます。(^_^)

2015年12月20日日曜日

念願のHP更新。

http://www.yoshidakensetu.com/#!about4/cij
ホームページを新しくしたい・・・と実際に動き出してから、丸2年(あっという間にこんなに経ってしまいました!)。本当に多くの方に相談してアドバイスをもらったり、いろんな人にご迷惑をおかけしながら、たくさんの方との出会いを経て、ようやく新しいHPを更新することができました。創業60年の会社が培ってきた経験と、私たちの大切なたくさんのお客様、吉田建設で働くスタッフ、協力頂いている業者さん、なんと言っても社長の想いと、働くスタッフや職人さんの心意気を一言で伝えようとすると、どうしても専門の方の知恵と手助けが必要でした。「30年日記30の幸せ」という言葉が生まれました。主役はあなたです。家を建てるという一生に一度の一大イベントは、あなたの家族のしあわせをつくると言うこと。私たちはその幸せづくりを陰で支え、性能や安全、心の安らぎという事柄をかたちにし、全力でサポートさせていただきます。30年日記の公開は来年になりますが、まずはホームページにお越し下さい。私のお勧めのスタッフの想いを是非見てあげて下さいね。http://www.yoshidakensetu.com/#!about4/cij

2015年12月14日月曜日

お客様にお土産をいただきました。

長野といえば思い出すのが高校時代の修学旅行で行った栂池高原スキー場。それ以来スキーはしたことありません(笑)楽しかった楽しかった思い出の場所です。(青春ですね~)
もしかしたら飛騨高山は岐阜かもしれませんが(もしかしなくても・・・)宿泊場所もはっきり決めず、行き当たりばったりで楽しんだ家族旅行。中部の山間の地方へ行ったのはその2回だけです。
思い出してみても、今まで行った旅行の中でも5本の指に入るぐらい本当に楽しかった思い出の地です。四国とはまたちょっと違う美しい場所。美しくて厳しい自然。人の心の温かいところ。良い思い出しか思い浮かばない場所ですね。昨日、Y様が久々に帰省されたとのことで、長野の銘菓をお土産にわざわざ来て頂きました。月並みにありがとうございます!としか言えませんでほんとうに嬉しかったのですけど、事務所のみんなで頂きました。桜井甘精堂の羊羹。お茶請けにいただきながら懐かしい思い出に浸ってしまいました。

2015年12月12日土曜日

フラット35の優遇金利の〆切は来月29日です!申込はお早めに!

フラット35の金利優遇が来年の1月29日に〆切となります。フラット35を取り扱っている担当者に何度か聞いてみましたが期限の延期はどうもないらしいです。先週打ち合わせさせて頂いた方にも、今日打ち合わせさせて頂いた方にも、資金計画を通してこの金利優遇のメリットの重要さをお伝えしました。例えば3000万のお借り入れであれば、支払総額で100万程の差が出ます。2千万の家の消費税アップ分2%を計算すると40万。そうなんです。消費税どころではない差が出る訳なのです。土地からご購入を予定されている方は特に金利優遇はかなりのメリットがあります。審査さえ通っていれば有効期間は2年間ありますので、家を建てるのが決まっている方、ほぼほぼ土地や家の検討が付いている方は申込をして審査を通しておけば、詳細についてはゆっくり検討してもいいかもしれません。この機会を逃す手はありませんよ!資金計画・土地相談ならぜひ私にまかせてくださいね(^_^)