2015年12月26日土曜日

小村町の家で気密検査 延べ床53.2坪の家で、隙間は名刺1枚分という素晴らしい結果でした。

冬暖かく、夏涼しい、空気がきれいな家。家の中の温度差がなく、体に負担が少ない高気密高断熱の家にするために、吉田建設はスーパーウォール工法を採用しています。温度差対策も大事ですし、結露の対策も重要です。なのでしっかりと断熱して、徹底的に隙間をなくします。隙間をなくすことで計画的に換気ができるのです。
 
 
 
 
昔の家と違って、今はどの断熱材もかなりよくなりました。でも、換気がしっかりとできていないと空気が淀んでしまい、特に最近の新建材は湿気を吸わないのでどうしても畳とか壁の中に湿気がたまったり結露ができたりします。それがカビやダニの原因になるのです。中途半端な高気密高断熱ほど逆に人の体に悪影響を及ぼします。実際にリフォームの時など、壁を開いてみるとそのような例を多く見受けられます。断熱が良いほど気密が重要。徹底的に隙間をなくして、しっかりと換気をすることがものすごく重要なのです。
 
 
 
高気密・高断熱ですよと言っても、実際には程度の差があります。言うだけでなく実際に測定することで性能を数字で証明します。吉田建設ではほぼSW工法で家を建てていただいており、100%の家で気密検査を行います。全棟「性能報告書」を発行することでお客様に安心して住んでいただいています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日はその気密測定の日。C値という気密の値を出す数値を測定しました。
















測定結果はC値=0.43 目標のC値=0.5を下回る値でしたので、まずまずの合格点です。合格点と言いましたが、他社で現在進行形の高気密・高断熱の目標とされている次世代省エネルギー基準という目標数値ですと、寒冷地2.0以下その他の地域5.0以下とされています。それを大きく下回る凄い数字なんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



今回の小村町の家の延床面積は175.89㎡(53.21坪)   ですので、その面積を基準に実際の隙間の面積と一般的な高気密・高断熱住宅とを比較してみました。
今回の小村町の家は名刺1枚より少し大きいぐらいの大きさ。一般的な高気密・高断熱の家は名刺が約16枚。
約1/16の大きさという結果になりました。






これは大工さんがしっかり施工してくれたおかげです。 大工壽賀くん、吉田達男さんありがごうとざいます。









 
 
 



ご予約受付中



 
 

 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿