2016年1月25日月曜日

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

すでにご存じかと思いますが、ご両親、ご祖父母さまからの住宅取得資金の贈与を受けた場合、一定の金額について贈与が非課税になります。
非課税限度額は期間によって変わりますが年々下がっていきます。平成27年12月までに契約を締結していますと、長期優良住宅の場合1500万。平成28年1月以降は1200万。その後少しずつ下がって最終的にはなくなります。消費税10%の契約になると、非課税限度額は変わってきます。(下記の表をクリックして下さい)贈与にて住宅を取得する場合は必ず申告を済ませておきましょう。
平成27年12月までに契約を締結した場合、今年の3月15日(確定申告終了の日)までに上棟が終わっていれば1500万が認められます。書類とともに写真などの証明できる書類が必要になりますが
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm


昨年中に引越が完了していれば一度の確定申告で終わるのですけど、年度をまたぐ場合は贈与申告のために税務署に行きましょうね。明日は住宅ローン控除について書きます。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm


0 件のコメント:

コメントを投稿