2017年8月9日水曜日

住宅ローンは銀行によって特徴があるようです。ローンに追われるのではなく、ローンを活用しましょう。

写真は先日お引き渡しした、Kさまのお宅。
すごーく可愛い住まいが完成しました。😊✨
引き渡し式では、感動でウルウルしてしまいましたよ。
新しい家で幸せに暮らしてほしいです。





 

タイトルと写真がかけ離れた感じがしますが、Kさまのお宅も、資金計画から始まり、ヒアリング、土地探しと、住宅ローンのお手伝いと二人三脚で家づくりを始めました。

 
 
 
 
 
 
 
そもそも、お客さまのほとんどは家を建てるのも初めて。ローンを組むのも始めて。
土地の契約も初めて。初めてづくし😊 わからないことだらけで同然です。

 
 
 
 
 
 
 
 
安心して家づくりを進めてもらうために、女性のアドバイザーの存在は重要だと思ってます。
それぞれのプロの人は専門的な立場から話をしますが、どうしても専門的な目で、結果・結論ありきで話を進めがちなので、初めての方にとって、わからない状態で話が進み不安が募ったりしがちです。そこで徹底的に納得いくまで付き添ってお手伝い、解読するのが私の仕事 
( ^∀^)

土地の買い方
住宅ローン選び
資金計画
保険
税金
家計の見直し

これからの家づくりの基本
間取り、収納、家事動線
デザインについて

本格的に設計士にバトンタッチするまでは、サポートしていきます。

最近のお客さまは、若い人が多いので当然家づくりの準備もまだまだこれから。
一緒に勉強しながらの家づくりになります。

そこで、最近よく聞かれるのが、住宅ローンはどうすればいいですか?
と言う問い合わせ。


香川の人は長期安定志向のお客さんが多く、ゼロ金利の今、ほとんどの人が長期固定金利の物を選んでおられます。吉田建設のお客さんの半分以上がフラット35や他の銀行の長期固定のローンです。お客さんも同僚やお友達で家を建てた人に情報をもらったり、インターネットで調べたりで様々な情報を得てきますので、私も最良の住宅ローン選んでもらうたにも、しっかり住宅ローンの勉強をしようと、この一週間で、7社の銀行の住宅ローン担当者に来てもらってお話しを伺いました。

正直なところ、表向き同じように見える住宅ローンも銀行によってかなり違いがあるこにびっくり。それぞれの銀行さんによって得意不得意があるようで、フル固定金利を勧めるところもあるし、変動金利押しの銀行さん、10年固定を進める銀行さんもありました。表向きの金利、実際の金利というグレーなところ。団体信用生命保険の違い。保証料の幅。融資手数料が商品によって付いたり付かなかったり、地方銀行の便利なところ、対応の細かさ、ネット銀行の特徴・・・。多く借入がしたい方向けに・・・。

上げれば切りが無いのですが、私もここ数年でまあまあな数のお客さんのローンのお手伝いをしてきましたので、上記の事を踏まえてどこで借りたらお客さんにとってメリットか・・・。ご提案できると思います。

全ての方にこれが良いというものではなく、それぞれ特徴に応じてベストな選択をすべきでしょう。借りた後も考えないといけません。
定年ではほとんど完済の形が見えていないと将来困ったことになります。

家建てる時の諸経費の中身って知ってますか?
結局の所どこの住宅ローンが良いと思いますか?
繰上返済っていつすれば良いと思いますか?


まだまだ家づくりは先という方、住宅ローン借換検討の方も
相談に来てくださったらシミュレーションしますので
良かったら吉田までお気軽にご相談ください。


0 件のコメント:

コメントを投稿