2018年1月8日月曜日

NYへ行ってきました2 ★9.11へ★

2日目は朝食をすませダウンタウンへ。
National September 11 Memorial Museum 
9.11メモリアル に行ってきました。
 
No day shall erase you from the memory of time
「時間の流れが決してあなたへの記憶を消すことはできないだろう」古代ローマの詩人の言葉。青のモザイクタイルは、9.11のあの日の青い空を表現しているそうです。
 
確か、この日は夫とNHKかNステ-ションかを見ていて突然、飛行機がビルに突っ込んでいく映像を繰り返しみた記憶。
 
当時、娘達は7歳と9歳。自分の部屋にいたという長女と、お風呂に入っていたという次女。私の異常な叫び声に何事かと驚き、テレビを見て呆然としたそうです。
私たちは各々時間をかけて、この日何が起こったか自分たちの目で見ることにしました。この巨大な石でできたプールは、崩壊したツインタワーとちょうど同位置に建設された慰霊碑。ノースタワーとサウスタワー、二つの巨大な慰霊碑にはなくなった方のお名前が刻まれていました。

熱でねじ曲がった鉄骨の柱

 
家族の安否を尋ねるメッセージや復興に携わってなくなった方への想いが込められたメッセージが刻まれた「最後の柱」
 
左の写真右側の階段は見えにくいですけど「生還の階段(Survivors’ Stairs)」と言われている、世界貿易センター北端にあったヴェシー・ストリート階段。
この階段を通ったために生き残れたという方が何百人もいるという、まさしく生と死の境目となった階段だそうです。 
上の写真のコンクリートの箱はなんだろう・・・?と思ったのですが、どうやらツインタワー跡の
プール(慰霊碑)のようにでした。
 
 
 
そして下の写真の左の壁はハドソン川からの浸水を防ぐためのダムのような壁。
当時の建物を浸水から守るために
地下7階分掘ってつくった杭?のようなもの。あれだけの高さの建物を支えるにはこのぐらい深く掘らないといけない・・・
みたいな説明だったように思います。(アヤフヤデスミマセン)
 
 
救助に駆けつけた救急車。救助に携わって犠牲になった方も多かったようです

 
この星条旗は実はなくなった方の写真でできています。まちにあふれる尋ね人の写真が風化し見捨てられるのが嫌で、二人の女性がボランティアで、遺族や勤務先に協力をもらいパッチワークで形にしたものだそうです。「大事なはこの方達が生きてたということそれを残したい」・・・とうものだったと思います。
当時つくりながらこれを誰かに見てもらう機会はあるのかと自問自答しながらだったそうですが公に認められ日の目を見ることになったようです。
 
まだまだ工事途中の場所も多く残っていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
行って見て思ったこと。

この災害は天災でもなく人災でもなくテロであったということ。
広島平和記念資料館に行って感じたことと同じ思いを持ちました。
「戦争はいらない」

日本と違ところ。
もしこれが日本ならば、衝撃的な映像や悲惨な現場の写真などを繰り返し流し続け、事件を辛く思い起こす場面が多くなりがちだと思うのですが、あくまでもこのメモリアムミュージアムは
亡くなった人の追悼し、全ての人に向き合って功績を称え、勇敢な市の職員の栄誉を称え、「私たちは決してあなたたちを忘れません」というメッセージを発信しながら9月11日に起こった事件をわすれない。自分で答えを見つけるためのミュージアム。 そう感じました。

行ってから調べて知ったこと。
ワールドトレードセンターはミノル・ヤマサキという日系アメリカ人の設計によるものらしいこと。
新しくできたタワー4は日本人の槇文彦さんだということ。 

疑問に思ったこと。
ヤマサキ氏の説(Wikipedia)によるとビルの寿命はせいぜい20年。
機能的であると同時に不要なときに短期間に壊せることも視野に建築していると書いてました。
(結果それも大崩落の原因だという説も???)

難しい構造計算の上で超高層ビルが可能になるのでしょうが、もうすでに耐用年数が過ぎてる建物ってどうなるんでしょうね(^_^;) 建物を作る以上に、建替、改修は費用も労力も時間もかかりそうです。NYではまだまだたくさん高層ビルが建築中でした。何を求めて空に近づきたがるのか・・・
身の丈に合ったものを作るのが一番だと思うのですが、田舎者のひがみですね。すみません。(^^)
 
 
WTCを出て地下鉄へ行く途中
ウォールストリートでイサムノグチさんの作品に出会いました。
牟礼を感じる一瞬でした(地元愛)



レポートは終わりそうにありません。午後に続きます。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿