2018年7月21日土曜日

スーパーウォールのこと。

  

先日(6月末)のことになってしまいましたが、東京、お台場のホテルグランドニッコーで全国各地でスーパーウォールを施工している工務店の会「SW会」の年次大会が開催され2位表彰して頂きました。どういうことかというと・・・。
SW工法住宅を建築している会社さんの中から前年度と比較して一番伸びしろが多い会社さんが表彰されるわけです。
 
グループSは年間10棟以上SW工法の家を建てている会社。

Aグループは5~10・・・。
Bグループは・・・・。

というわけで

要するに全国的で高性能住宅を建てている会社さんばかりをグループにまとめて棟数、伸び率を競う。

吉田建設はその一番大きなグループの中で全国2位になったとうことで表彰して頂きました!それもこれも吉田建設の家づくりの考え方を理解して頂いたお客様とそれを一緒に取り組んでくれている、スタッフ、職人さん、業者さんそしてLIXILさん、いつも切磋琢磨していい家づくりに取り組んでいるSW会のメンバーのみなさんのおかげです。

 
1位は北海道
2位は香川
3位は大阪。。。
 
北のエリアの方は当然断熱は良いわけで、こちらでは見たこともないような厚みのある壁に断熱材が入ったり、サッシを使ったりしていますが、吉田建設のつくる家も実は目指すところ、東北地方~北海道エリアの断熱・気密性を確保していますので、こちらで建築している一般の住宅より、性能もかなり良くでも、その分若干お値段は高いです。
 
でも、どうです?昨日今日の気温(T_T)
寒い地方は寒さの対策を考えれば良いですが、実は、こちらのエリアは暑さ対策をしないといけないしそして冬はやっぱり寒いんですよ(T_T)
 
昨今の異常気象や地球温暖化などを考えると地球にやさしい家を考えるのは当然で、CO2や光熱費も大事ですし実は室内の温度差は健康に大いに関係するのです。
 
 
1年365日
30歳で家を建てて、85歳まで生きるとして
55年

55年×365日=20,075日
時間にすると481,800時間

一生快適な家で過ごすか。
それとも我慢して、ストレスを感じながら過ごすか・・・。この数字を考えると最初の投資は決して高いものではないんです。
あとからできませんからね。(T_T)
 
 
そんなこんなで家の性能、香川での家づくりの考え方を
理解して頂いたお客様のおかげで
現在SW工法で建築して頂いたお客様の合計が120棟を超えました。
 
これからも、こうした家づくりがとても重要になってきます。
 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿